角川アスキー総合研究所

MAD動画に関するQ&A

YouTube上の角川グループコンテンツを含むMAD動画への対応について

角川グループはYouTubeを有益なweb2.0型CGMと位置づけ、違法動画の排除を一方的に行うのでなく、角川グループのコンテンツを含むMAD動画ひとつひとつを担当者が目視にて確認し、問題ないと判断できる動画に対してはYouTube上での公開を継続しつつ広告を掲載することで、著作権に配慮しながら日本の知財を育てる新しい場所としての可能性を模索する事業を推進しています。
ここではそのYouTubeでの業務に対して、今まで寄せられたご質問やお問い合わせをご紹介します。

公開継続の確認と広告の掲載は誰が行うのでしょうか?
動画の確認と広告の掲載は角川グループの担当者が実施いたしますので、動画をアップされた皆様にお手数をおかけすることはありません。
広告を掲載されたくありません。拒否することはできるのでしょうか?
広告を掲載することが公開継続の条件となります。
もし拒否される場合は動画の公開を中止してください。公開を中止しなかった場合は、こちらで動画削除の手続きを取らせていただきます。
掲載された広告を外していただくことは可能でしょうか?
前項の場合と同じく、広告を掲載することが公開継続の条件となりますので、拒否される場合は動画の公開を中止してください。公開を中止しなかった場合は、こちらで動画削除の手続きを取らせていただきます。
承認され広告を掲載された動画を勝手に削除してしまってもよいのでしょうか?
こちら側で動画の内容を確認し広告を掲載した動画の権利は角川グループコンテンツ管理部門に移管されていますので、動画をアップされた皆様の判断による公開の中止は基本的にはできません。公開の中止をしたい場合はYouTubeメッセージ機能を使ってその動画を添付したうえで、タイトル、URL、理由などを角川グループコンテンツ管理部門までご連絡ください。
「権利を移管する」とはどういう意味ですか?
YouTube上における動画の著作権に関する問題や公開の是非、使用権などをこちらで担当させていただくという意味です。
MAD動画の継続的な公開における権利を角川グループに移管された場合、制作者として名前は残りますか?
角川グループが公開を認可した動画として権利を移管された後も、動画をアップされたアカウントにて公開されますので、お名前はそのまま残ります。
MAD動画の継続的な公開における権利を角川グループに移管する際に、手続きや費用は発生しますか?
移管する際にお手続きや費用などは一切発生いたしません。
著作権に関する問題を引き受けていただく場合、動画に使用しているBGMもお任せできるのでしょうか?
BGMに関してはYouTubeがいくつかの音楽著作管理団体との間で利用許諾における包括契約を締結しております。
角川グループコンテンツ管理部門は利用許諾に関して同意が得られた楽曲を使用した動画に対してのみ、広告を掲載させていただいております。
MAD動画の著作権は制作者に帰属するのでしょうか?
オリジナルの素材の著作権は原著作者にあるため、基本的に原著作権者に帰属します。
自分がアップしているMAD動画(角川グループコンテンツを含んだ動画)に、角川グループ以外から著作権の申し立てが届いています。どうすればいいですか?
調査を行わせていただきますので申し立てが届いた動画のタイトル、URLなどを角川グループコンテンツ管理部門までご連絡ください。
本動画の制作者本人ではないのですが(転載など)、公開の継続と広告の掲載をしていただくことは可能でしょうか?
角川グループが著作権を持つコンテンツを含んだMAD動画の場合、基本的には制作者本人による投稿か他者による転載であるかどうかの区別は行わずに掲載判断をさせていただいております。ただし、他者の動画を大量に転載されていることが明らかな場合は、掲載を見送らせていただくことがあります。
他社のコンテンツもMAD動画の中で使用しているのですが、公開の継続と広告掲載をしていただけるのでしょうか?
動画の内容、表現方法により対応が変わりますので、ひとつひとつ個別に判断させていただいております。
交渉が成立しているコンテンツを使用された動画に関しては、広告の掲載を進めていきます。
動画の自薦、または他薦などは可能でしょうか?
可能です。自薦、他薦につきましては角川グループコンテンツ管理部門までご連絡ください。
継続的な公開を認可されたMAD動画とされなかったMAD動画がありますが、どのような基準で判断されているのでしょうか?
コンテンツの権利者や作者によって基準に少しずつ違いがあります。 また同じコンテンツを使用していた場合でも編集の仕方などによって判断が変わる場合があります。
角川グループとして最も重要視している共通の判断基準としては、作品に愛を感じられるか、好意を持って作られているか、原著作者が嫌がる表現ではないかどうか、という点です。
他の動画共有サイトにもMAD動画を掲載しているのですが、そちらにも公開を継続いただき広告を掲載していただくことは可能でしょうか?
現在はYouTube上のみで掲載継続の許可と、広告の掲載を進めております。他の動画共有サイトにおける角川グループのコンテンツを流用したMAD動画の公開は、現段階では著作権の侵害となります。
広告の枠があるのに広告が表示されていません。
システム上、表示されるのに時間がかかる場合もあるようです。その場合はしばらくお待ちになるか再読み込みなどを行ってみてください。
海外の友人がMAD動画を作っています。公開継続の審査や広告の掲載について教えてあげたいのですが、海外(外国人)に対しても同じような取り組みを行っているのでしょうか?
現在そのような業務は行っておりませんが、その広がりを考慮し、今後は海外(外国人)に対しても同様な取り組みをしていくことを検討しております。
角川アニメチャンネルに公開されている動画を自身のブログやサイトに埋め込んでも問題ないでしょうか?
問題はありませんが、他サイトなどへの組み込み表示に関してはYouTube利用規約をご確認ください。

※上記の文章中で特に明記されていない場合でもここでの取り組みはYouTube上に限り有効であり、他の動画共有サイトに対しては一切適用されませんのでご了承ください。
※本業務の一部には、YouTubeウェブサイトの側面が含まれます。ユーザーがYouTubeサービスを享受する場合において、ユーザーは当規約と共にYouTube利用規約にも同意したと見なされます。

本件に関するお問い合わせはこちらまでご連絡ください。
角川グループコンテンツ管理部門

このQ&Aの内容は随時更新して参りますので、常に最新の内容を御確認いただきますようお願いいたします。
(更新日時2013.9.24)